logue SDK とは KORG prologue, minilogue xd, Nu:Tekt NTS-1 digital kit 等のシンセサイザーで使用可能な自作オシレーターやエフェクトを作成可能な C/C++ のソフト開発キットとAPIです。

Quick Start

開発環境の設定

  • リポジトリをクローンし, 初期化とサブモジュールのアップデートを行います.
 $ git clone https://github.com/korginc/logue-sdk.git
 $ cd logue-sdk
 $ git submodule update --init

デモプロジェクトのビルド (Waves)

Waves はlogue-sdkのオシレーターAPIで提供されているウェーブテーブルを使用したモーフィング・ウェーブテーブル・オシレーターです. APIの機能やパラメーターの使い方を学ぶ上で良いリファレンスになるでしょう.

  • プロジェクトのディレクトリに移動します.
$ cd logue-sdk/platform/nutekt-digital/demos/waves/

Note: パスの中にある “prologue” を対象のプラットフォーム名に置き換えてください.

  • プロジェクをビルドするために make を実行します.
$ make
Compiler Options
../../../../tools/gcc/gcc-arm-none-eabi-5_4-2016q3/bin/arm-none-eabi-gcc -c -mcpu=cortex-m4 -mthumb -mno-thumb-interwork -DTHUMB_NO_INTERWORKING -DTHUMB_PRESENT -g -Os -mlittle-endian -mfloat-abi=hard -mfpu=fpv4-sp-d16 -fsingle-precision-constant -fcheck-new -std=c11 -mstructure-size-boundary=8 -W -Wall -Wextra -Wa,-alms=./build/lst/ -DSTM32F401xC -DCORTEX_USE_FPU=TRUE -DARM_MATH_CM4 -D__FPU_PRESENT -I. -I./inc -I./inc/api -I../../inc -I../../inc/dsp -I../../inc/utils -I../../../ext/CMSIS/CMSIS/Include
    
Compiling _unit.c
Compiling waves.cpp
Linking build/waves.elf
Creating build/waves.hex
Creating build/waves.bin
Creating build/waves.dmp

   text	   data	    bss	    dec	    hex	filename
   2304	      4	    144	   2452	    994	build/waves.elf

Creating build/waves.list
Packaging to ./waves.prlgunit
 
Done
  • Packaging… という表示の通り, .prlgunit というファイルが生成されます. これがビルド成果物となります.

    Note: 拡張子は minilogue xd の場合 *.mnlgxdunit*, Nu:Tekt NTS-1 digital の場合 *.ntkdigunit* となります.

「unit」 ファイルの操作と使い方

.prlgunit, .mnlgxdunit, and .ntkdigunit ファイルは自作コンテンツのバイナリデータ本体とメタデータを含む簡潔なパッケージファイルです. このファイルは logue-cli utility もしくは 製品の Librarian application (KORG ウエブサイトの製品ページに参考) 経由でアップロードすることが出来ます.